自然生理期間は安静に

様々な薬

アフターピルはホルモンバランスを変化させ、作為的に生理を引き起こすことで着床を防ぎ、避妊をします。
この時、作為的に引き起こされる生理のことを消退出血と言います。
アフターピルを飲んだ後に生理が来たら、それは避妊に成功した印だと言われています。
しかし、人によってはアフターピルを飲んだ後も生理はこず、おりもののようなものが出て終わり、という人もいます。
妊娠した場合にも着床出血が見られる場合もあるので、個人差があることも覚えておきましょう。
また、アフターピルを飲んだ後の消退出血があった約一か月後に自然生理が来ます。
ただ、元々生理不順だった人の場合は、自然生理が起こるまでに数か月かかる場合もあります。
目安としては一か月なので、一か月経っても自然生理が起こらない場合は病院で医師に診てもらった方が良いかもしれません。
消退出血から自然生理が起こる間に万が一また避妊に失敗してしまった場合、またアフターピルを飲まなくてはならなくなります。
アフターピルは、種類によっては体への負担は少ないと言われていますが、
性交の後に飲んで避妊ができるくらい強い薬ですし、低用量ピルのように何度も飲むことを想定しては作られていません。
体に負担がかかってしまうことは間違いないので、何度も失敗を繰り返さないように確実な避妊を心がけましょう。
また、アフターピルを飲んだ後に起こる自然生理は普段の生理よりも出血量が多く、辛い症状に悩まされる人も多いと言われています。
初めてアフターピルを飲んだこと、避妊に失敗したことなどで精神的にも疲れているはずなので、
自然生理が起こる週はあまり予定を入れずに、安静にして過ごすことをおすすめします。